[PR] ロシア 悪夢の観覧車 | PLUS+NEKO
2019/09

<< September 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


 

 

 

 

 

CATEGORIES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

ARCHIVES

 

ADMIN

 

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     

    • -
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • pookmark


    悪夢の観覧車
    0

      木下 半太
      幻冬舎
      Amazonランキング: 81075位
      Amazonおすすめ度:

      JUGEMテーマ:小説全般

      大病院の娘である女医を連れて、観覧車に立てこもった男。
      身代金6億円が支払われなければ、観覧車を爆破すると予告する。
      人質は女医だけではなく、観覧車の乗客全員。

      観覧車に乗っているのは、ごく普通の家族、
      伝説のスリ師と見習い、別れさせ屋の女。
      彼らは運悪く人質となってしまったかに見えたが・・・

      観覧車の中で身代金の受け渡しは成功するのか?
      そして、男は無事に逃げられるのか・・・?

      意外なところで意外なことにつながりがあったり、
      登場人物の意外な一面が明らかになったり、
      その意外性がおもしろすぎて、どんどん読み進めてしまいました。

      コメディ風なのですが、事件の背景は結構深いし、
      簡単に人が死んだり血を流したりするし・・・
      でもそんな内容でも暗さを感じさせません。

      初めて読んだ作家の本でこんなに面白かったの久々かも!


      スポンサーサイト
      0

         


        comment









        trackback


        (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
        designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--