[PR] ロシア 最近読んだ本 | PLUS+NEKO
2019/09

<< September 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


 

 

 

 

 

CATEGORIES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

ARCHIVES

 

ADMIN

 

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     

    • -
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • pookmark


    最近読んだ本
    1

    東野 圭吾
    講談社
    Amazonランキング: 5073位
    Amazonおすすめ度:

    10年くらい前から、読んだ本とか観た映画とかを
    小さなノートに記録しているのですが、
    なんと最後に読み終わった本は2009年5月17日。
    そう、おにぎりが生まれる一週間前でした。

    思えば、常にカバンには今読んでいる本が入っていて
    移動中とか待ち時間に読むのが日常だったのに、
    1年以上1冊も本を読んでないなんて!

    本を買うときは持ち歩くのとか保管の関係もあって、
    文庫にならないと買わないことが多いけど、
    ドラマ化されるので先に読みたいと思って久々に読んだのが「新参者」。
    といっても読み終わったのもう3ヶ月くらい前だけど。

    東野圭吾氏の作品は人形町が舞台になることが多くて、この作品もそう。
    きっと住んでいるのか住んでいたのかだと思うのですが、
    人形町という町にとっても愛情を感じるお話です。

    私も以前に住んでいたこともあり、その気持ちがよくわかります。
    小説に出てくるお店や公園、駅など読んでいるとすぐに情景が浮かんできて、
    登場人物が歩く道順も本当によく想像できました。

    同じ町の中で起こるちょっとした事件ごとに一話ずつで構成されていて、
    でも実は全部がメインの殺人事件とつながっている。短編のような長編。
    その一話一話がほろりとさせるとてもいい話で、
    ただのミステリーとしてではなく、
    ひとつひとつの心温まる物語としても楽しめました。
    人形町にまた住みたい。それほどステキに描かれてます。

    この本以来また読んでないので、なかなか時間作れないけど読みたいなあ。
    ちなみに最近はワンピースをよんでます。マンガやん。

    JUGEMテーマ:ミステリ


    スポンサーサイト
    0

       


      comment









      trackback


      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
      designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--