[PR] ロシア オランダ人医師 | PLUS+NEKO
2019/09

<< September 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


 

 

 

 

 

CATEGORIES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

ARCHIVES

 

ADMIN

 

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     

    • -
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • pookmark


    オランダ人医師
    0

      私が通っている病院の先生はオランダ人です。目と眉毛の間は狭いですが、もちろん日本語は喋れます。欧米ではと言うのがどうも口癖のようです。たまに助詞を間違えます。微妙な表現などもおかしなことを言ったりします。先日、溶かして飲む薬の説明をされた時に、ミネラルウォーターで溶かさないように言われたので、水道水がまずくてとても飲めないと言うと、じゃあゆでた水で飲んで下さいと言われました。気持ちはよくわかりますが、思わず聞き返してしまいました。もしかして、毎回そうやって説明しているのかと思うと、そろそろ誰かが指摘した方が良いのではないかと思いましたが、そんな勇気はありませんでした。そして、看護婦さんのことを本当に看護婦さんと呼びます。看護婦さんがいっぱいいる時はどうするんでしょうか。そんなおかしな先生ですが、良心的でとても信頼できます。とりあえず毎回何かしらおかしな出来事があるので、必ずネタができます。病院に行く唯一の楽しみです。


      スポンサーサイト
      0

         


        comment









        trackback


        (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
        designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--