[PR] ロシア 放課後 東野圭吾 | PLUS+NEKO
2018/12

<< December 2018 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


 

 

 

 

 

CATEGORIES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

ARCHIVES

 

ADMIN

 

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     

    • -
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • pookmark


    放課後 東野圭吾
    0

      放課後
      放課後
      東野 圭吾

      すっかり東野圭吾氏の作品にはまってしまっている今日この頃。
      初期の作品を読んでみよう!と思い
      デビュー作である放課後を読んでみました。

      舞台は女子高、主人公は男性数学教師。
      いわゆる学園ミステリーなのですが、
      今まで読んだのが割りと最近の作品ばかりだったので、
      こういう作品でデビューしたというのが少し意外でした。

      深読みしすぎて、もしかして主人公が犯人なのでは?
      などといろいろな想像を巡らしてしまいましたが、
      最後の犯人の殺人動機には賛否両論があるようで、
      確かにもっと残酷な動機でもよかったという気もするのですが、
      敢えてあの動機にしたのはなぜなんだろう・・・

      そこに意外性をもたせたかったのだろうか。
      確かに物語のオチにも意外性が表れています。


      次は秘密を読みます。
      ちなみに映画の方の秘密はもう観ました。


      スポンサーサイト
      0

         


        comment

        こんにちは。同じ本の感想記事を
        トラックバックさせていただきました。
        この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
        お気軽にどうぞ。

        • 藍色
        • 2010/04/05 5:46 PM

        >藍色さん
        トラックバックありがとうございました。
        わたしもさせていただきました!
        今後ともよろしくお願いします。










        trackback

        放課後 東野圭吾

        校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒死。犯人候補は続々登場。 運動会の仮装行列で第二の殺人が。乱歩賞受賞の青春推理。 私立の女子...

        • 粋な提案
        • 2010/04/05 5:42 PM

        (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
        designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--